星綺麗すぎやしないかい

10月に我社には珍しく祝日休みがあり3連休であるので、もう1日休みを取って、北アルプス双六岳に山小屋に泊まって行く壮大な計画を練ってはみたが、何と雨予報である。その代わり今週末がとてもいい天気。しかし双六岳は山小屋は予約でいっぱい。それに登り9時間弱の山なんて、途中でゾンビになってしまうから、私ならもっとかかる。予備日がないのはとても心配。だから、泣く泣く初めての山小屋泊は諦めることにした。

 

しかし土曜日の天気予報がとっても良いのは口惜しい。北アルプスのどこかには行きたい!って事で燕岳に行くことにした。日帰り出来るしな。しかし良い天気という事は、熾烈な駐車場争奪戦が繰り広げられるということだ。それに勝つために、金曜日仕事が終わってからビュンビュン車を飛ばし、山道をギュルギュル走って、何とか22時半に着いて駐車場をゲットした。しかし7割方埋まっている。もう少し遅かったら負けていた。

 

それで何気に空を見たら、ぶったまげるぐらい星空が綺麗だった。いや、田舎育ちだから星の綺麗なのは慣れたものだと思っていたが、標高1000メートルの星空を舐めていた。ぺろぺろ。舐めれるもんじゃない高さと美しさ。それで夜空を見ながら車の中で仮眠を取ろうとするのだが、高速をぶっとばしてきた興奮状態の頭と、星空が綺麗な興奮と、燕岳の登山が楽しみで、遠足と修学旅行と夏休みがいっぺんに来たくらいの興奮で眠れぬ。

 

それで少しなんか懐かしいなと思って、何が懐かしいのだ?と思い返したら、乗鞍少年自然の家に中学校の行事で行った時のことを思い出した。あの時もすごく星が綺麗で友達5人くらいと星を見てて、流れ星みたいよね、流れ星こーい!みたいに騒いでいたら、本当に流れ星がシュン!と結構長めに尾を引いて流れたのだ。みんなでキャーキャー騒いで喜んだ思い出。

 

今は星空を1人で見ているが、同じように何か楽しい。標高が高い時特有の澄んだ空気と冴えた夜空はまったくあの時と変わっていない。私は見た目にハッキリとあの時より歳はとったが、宇宙はあんまり変わってないや。

でも、私も中身は歳に不相応に幼く大人になり切れていない。そこは変わらないから宇宙と一緒だな。私の中身はもはや宇宙だな。飛躍の発想してたら、余計眠れぬわ。

ケチを克服する

妹のカードが毎回過去の自分に不正に使用されているようで、身に覚えのありすぎるお金が月に万単位で引き落とされているようだ。ハマっているK-POPグループのアルバムや写真集が、過去の自分から毎月プレゼントされてくるらしい。

 

私はやはり推しとかそういうのにハマり切れないうえに、お金を使うのが下手すぎて、うまく自分の物が買えない。人にお金を使うとなると意外にすんなり使えるが、自分の事となると自分へのケチが過ぎるところがある。

 

推しが居ないことが問題だろうか?と思ったが、私は登山というか万物自然が推しみたいなところがある。アニミズムというのであろうか。妹が推しにキャーキャー言うように、私ゃ美しい自然や生き物、対物的なものにキャラクターを感じ、思わずキャーキャー言ったり手を振ったりなんかする。

 

これは立派な推しであるので、特に登山は雄大な自然ちゃんに出会える、コンサートみたいなものなのだ。ここぞとばかりに散財しても良いのだ。頑張れ、私。

 

何故にこんなところで自分を応援しているかというと、ケチが過ぎて、登山も今まで家にあるもので賄い、雨具だけは登山専用のお店で買っただけ、という生活を4年近く続けて来たのであるが、来月北アルプスの山に泊まりに行くぞ!という壮大な計画を立てたはいいが、道具が全然揃ってないのだ。

 

あれ?こんなボロい登山靴で9時間歩けるかな?あれ?秋の高山って寒くね?何着てけばええのん?あれ?リュックも泊まりならいつものデイバッグじゃダメじゃん?あれ?もしもの時の地図やコンパスや、ケチって有料会員になってないヤマップもちゃんと入らないといけなくね?あれ?今のスマホの契約ギガだとあっという間に足りなくなるかもだから、契約変えないといけなくない?あれれ?ってコナンくんになりそう。

 

買い物苦手&ケチを数年続けたせいで何も揃っていない。これは来月までに揃えないと!時間とお金を惜しみなく投入して準備しなければ!!

 

そう!推しに会う為だ。妹を見習ってカードの支払いは未来の私に託して、あれもこれも明日買い物に行ってそろえるのだぞ!その為にわざわざ今日半休取って、買うものをゆっくり考えたのだ。そこまで力を入れたのだ。もう、買わないなんて明日の私に言わせない。いいか?買うんだぞ。欲しいと思う前に迷う前に買うのだ。よし、明日は臨戦態勢で臨もう。

 

ケチを克服する

妹のカードが毎回過去の自分に不正に使用されているようで、身に覚えのありすぎるお金が月に万単位で引き落とされているようだ。ハマっているK-POPグループのアルバムや写真集が、過去の自分から毎月プレゼントされてくるらしい。

 

私はやはり推しとかそういうのにハマり切れないうえに、お金を使うのが下手すぎて、うまく自分の物が買えない。人にお金を使うとなると意外にすんなり使えるが、自分の事となると自分へのケチが過ぎるところがある。

 

推しが居ないことが問題だろうか?と思ったが、私は登山というか万物自然が推しみたいなところがある。アニミズムというのであろうか。妹が推しにキャーキャー言うように、私ゃ美しい自然や生き物、対物的なものにキャラクターを感じ、思わずキャーキャー言ったり手を振ったりなんかする。

 

これは立派な推しであるので、特に登山は雄大な自然ちゃんに出会える、コンサートみたいなものなのだ。ここぞとばかりに散財しても良いのだ。頑張れ、私。

 

何故にこんなところで自分を応援しているかというと、ケチが過ぎて、登山も今まで家にあるもので賄い、雨具だけは登山専用のお店で買っただけ、という生活を4年近く続けて来たのであるが、来月北アルプスの山に泊まりに行くぞ!という壮大な計画を立てたはいいが、道具が全然揃ってないのだ。

 

あれ?こんなボロい登山靴で9時間歩けるかな?あれ?秋の高山って寒くね?何着てけばええのん?あれ?リュックも泊まりならいつものデイバッグじゃダメじゃん?あれ?もしもの時の地図やコンパスや、ケチって有料会員になってないヤマップもちゃんと入らないといけなくね?あれ?今のスマホの契約ギガだとあっという間に足りなくなるかもだから、契約変えないといけなくない?あれれ?ってコナンくんになりそう。

 

買い物苦手&ケチを数年続けたせいで何も揃っていない。これは来月までに揃えないと!時間とお金を惜しみなく投入して準備しなければ!!

 

そう!推しに会う為だ。妹を見習ってカードの支払いは未来の私に託して、あれもこれも明日買い物に行ってそろえるのだぞ!その為にわざわざ今日半休取って、買うものをゆっくり考えたのだ。そこまで力を入れたのだ。もう、買わないなんて明日の私に言わせない。いいか?買うんだぞ。欲しいと思う前に迷う前に買うのだ。よし、明日は臨戦態勢で臨もう。

 

仙人イトウ

裏山散歩をしていたら、夏の間全く姿を見る事が出来なかった裏山整備趣味仙人おじいちゃんに、久しぶりに出会った。良かった。お年がお年そうなので、いつパッタリ来なくなってもおかしくない雰囲気、元気そうにいつものように鼻垂らして整備をしておられるので、安心した。

 

山で見かけるようになって4年は経つかと思うが、お互いに名前さえ知らないところが、双方が人見知りであると、何も生まれないことを物語っている。しかし本日仙人の被っていた帽子にカタカナでイトウ、と書いてあった。あの帽子が山で拾った他人の帽子であるとか、何か特筆するべき出来事の結果手に入れたものでない限り、仙人はイトウさんなのであろう。イトウさん、いつもありがとう。楽しく山散歩させてもらってますわ。と伝わらないお礼を心の中で唱えておいた。

 

この前はこの裏山で鹿を見た。こんな小さな大きい山から離れた小山に鹿が出るとは、鹿もとうとう増えすぎてこんな小山まで進出してこなければならないほど、増えすぎているのであろうか。鹿はしかるべき山奥にいて欲しいものである。鹿だけに。

 

本日は台風一過の為、夕暮れが腰を抜かすほど美しかった。裏山から下りてきて、暗い樹林帯から抜け出て空を見上げると、透明なピンク色と、透明な水色が白い淡い雲の間から顔を出して、手前の樹木が黒いコントラストになっていて、おとぎ話の1シーンのようだ。

 

思わず、ほえ〜、美しかぁ!と叫んでしまった。その後も歩きながら、美し、美し、と呟きながら歩いた。こんなところで、独り言をつぶやくくらいなら、仙人イトウともう少し話せば良いのに。なんせ仙人イトウも流石に私の顔を覚えてくれたようだし。以前は同一人物と認知してもらえず、同じ話を何回も聞かせられたものだが本日は、雨になると水に浸かってしまう部分の山道に別に道を作ろうかと思ってるんじゃ、という新しい会話内容であった。

 

つーか、私はこういう人が好きなんだろうな。なめとこ山の熊の猟師みたいな、ただただ、誰にも認知されずとも黙々と自然を愛する働きものの朴訥な人が。

 

私は性格がものすごくねじ曲がっているので、賃金以上の働きはしません、的な考え方はあまり好かぬのである。けっ。賃金に見合った働きしてない奴ほどそういう事言いやがるから始末が悪い。いいから君は黙って働きなさい、と言いたい仕事しない人が多すぎ。

 

会社にいると損得勘定ばかりで動く人が多いから、山で黙々と一切の賃金が発生しない上に、登る人の超絶少ないこの裏山を黙々と整備している仙人イトウを見ると、ホンマに心底人間て愛おしい生き物だ、って思えるんだよな。それ以外の日はいつも、HAHAHA!!見ろ!人がゴミのようだ!ってムスカ的、人はゴミ扱いで生きてるがな。

モズもイカも

最近よくモズの鳴き声聞くな〜と思っていたら、この季節に鳴く、モズの高鳴き、というものらしい。何でも老若男女関係なくナワバリバトルを繰り広げられているらしい。あっちでキチキチ、こっちでキチキチとけたたましいが、可愛いから許そう。

 

ナワバリバトルと言えばスプラトゥーン3が発売されて、私も軽快にプレイ出来るようになりたいものだが、やり込む時間も無いので諦めている。大体登山が趣味になりつつある今日この頃、登山とゲームは相性が悪すぎるのだ。頂きに辿り着いたり、上手くなったりするにはどちらも日々の鍛錬が欠かせない。

 

今のところ登山のトレーニングの方が優先されるので、スプラトゥーンに割く時間は全くない。あとね、クソ下手な私のプレイにネットの向こうで悪態をつかれているのが目に浮かぶので、心苦しいではないか。今回はものすごい勢いでソフトが売れたようなので、初心者の参入が多いはずだからよーいドンで始めるなら今なのだが、どうしても時間がない。

 

これはクリスマスにソフトを買ってもらうちびっ子達とよーいドンするべく、12月まで待つべきであるな。どうせ悪態つかれるなら、ちびっ子に悪態つかれたい。ちびっ子の悪態は可愛いもんだ。 

 

でもなー、ゼルダの伝説を買った時にギャグみたいだが、馬にうまく乗れなくて、数時間馬の尻を追いかけるという事を3日くらい続けたのだ。それでも馬に乗れなかったところで、自分のゲームの下手さを痛感し、それでやめてしまったのだ。ゼルダの伝説の馬に乗れない私が、イカちゃんになって軽快なプレイがやり込んだところで出来るだろうか。とりあえず2の時は1ヶ月やってピクリともランクが上がらなかったので、やめてしまった。

 

でも、その1ヶ月の間は仕事のパソコンのブラインドタッチが早くなったから、指の運動として抜群なのかもしれない。やめたらすぐ元の不器用なモタモタしたタイピングに戻ったけどな。今回も指の鍛錬、岩を器用に掴む訓練とすれば、山のトレーニングと兼用ってことで、やり始めてみようかな。

カイチちゃん

昨日は映画を観て、博物館の企画ものを見に行って、好きなバンドのライブにも行ったので、今日はクタクタで仕事にならない。映画はドキュメンタリーで、アフガニスタンの人々の為に尽くした中村医師の話。なんかええ人の話しだし、観に行くか、と気軽に行ったけど、号泣してしまった。

 

戦士だよなー。中村医師。中村医師自身も言ってたけど、不条理に抗う、ってホント戦士。そんな事だれもやりたがらないや。私も不条理だな〜って思う事いっぱいあるけど、戦う気力は無いもんな。おまけに中村医師は自分が被った不条理ではなく、他人、アフガニスタンの貧しい人々が被ってる不条理に、戦いを挑んだんだから。

 

あーゆの見た後に会社で株の上げ下げで損切りしないと、みたいな話し聞くとぶちのめしたくなる衝動がでるんだけど、間違いなく私もぶちのめされる方の人間だな。上げた拳をそのまま自分に振り下ろさなければならない。ファイトクラブエドワード・ノートンかっ、つーの。

 

とりあえず、むき出しの情緒を持つ私としては昨日は泣いたり、笑ったり、叫んだりして、情緒の乱高下が過ぎたので、今日はホンマに身体的な疲れと相まって精神がぐったりしている。いつもの裏山散歩も行けずに、ぼんやりとジャンクフードを食べちゃったりしてる。

 

そいで展示会で一目惚れした神獣のカイチちゃんのキーホルダーを眺める。カイチは正義の象徴の神獣らしい。正義でないものは頭の一角でぶっ刺すらしい。正義かあ。正義って難しいよなあ。誰かの正義は誰かの正義じゃないこともあるしなあ。それに私はふっわふわの思想よわよわ人間でいたいのだ。しそうつよつよだと、自分の正義で誰かをぶっ刺しちゃうじゃん?ぶっ刺すのはカイチちゃんに任せとこ。

 

 

 

ふるさとは遠きにありて

北アルプス登りたい熱が夏山シーズン過ぎた頃にやってきた。という事でYouTubeで登った人の動画ばっかり見て登るシュミレーションをしている。うむ。どう考えても今の自分じゃ無理だ。

 

それにしても本当に滑落してお亡くなりになる人が多いのもわかる。馬の背とかジャンダルムとか大キレットとかの映像見てると正気の沙汰じゃないね。つんつんの岩の尖った岩稜帯を僅かな足の置き場手の置き場を見つけて進んで行くのだ。判断を謝ると転がってこの世からあの世へ渡る事になる。見ていてぞ〜っとするが、それ以上に行きたい欲求がすごい。

 

昔小学生の時仲間と遊びで山を登った。誰かが登山道を逸れた道から行こう、といって斜面がきつい道を横切り、みな次々と歩いて行く。私は列の最後で同じように横切ろうとしたが、足を置いた場所の土が崩れて慌てて近くの土の隙間に手を入れた。下を見ると随分高くて落ちたら死ぬ、と思ったら全身から汗が吹き出して、頭がキーンとなって震えて来た。怖くて声も出せなくて子供の集団の事だから私が取り残されているのも気がつかず皆はサッサっと先へ行ってしまった。

 

壁に張り付くようなほとんど垂直の場所を何とか震えながら渡りきった。渡りきった時、死なずに済んだとめちゃくちゃ安心した。多分北アルプスの難所といわれる場所はそんな感じの場所が延々と何時間も続くのだろう。いやだ。怖い。楽しそう♡生きてる喜びめっちゃ感じれる場所じゃん。我ながら情緒のバクがすごい。

 

とりあえず元来の無鉄砲さから今すぐにでも北アルプスの難所にチャレンジして滑落してあの世へ登る事がなきよう、グッと自分を抑えなくてはいけない。だからまずは体力をもっと向上せねば。縦走して馬の背とかジャンダルムとかは行くつもりはないけど、せめて槍ヶ岳西穂高岳くらいは登ってみたい。

 

まずは苦手な背筋を鍛えよう!と早速背筋起こしをおこなったが、3センチくらい顎を浮かせるので精一杯だった。かなしい。すごく遠い。体力的に、登れるようになるまで。

 

ふるさとは遠きにありて思うもの、全然ふるさとじゃないけど、登りたい山が遠すぎてふるさとみたいに感じちゃったわ。