小人と同居

数年前から小鳥を飼っているが、小鳥の可愛らしさは尋常ではない。犬や猫と違って外見的に1ミリも人間に可愛さをアピールしてこないのに、(私の友達はカラフルな羽の色や鱗状の足、恐竜を思わせる爪の形に寒気を催すらしい)何故にこんなに可愛らしいのか。

 

理由のひとつが鳴き声だろう。外見的には人間にアピールして来ないが、小鳥は喋るのだ。会話ができる。もちろん人間の言葉を喋る訳ではないが、明らかに鳴き方にバリエーションがあり、こちらの問いかけに応えてくれる。

 

うちの小鳥の鳴き声は上手くここに書けないが、少なくとも下記の言葉は鳴き声で表現してくる。

 

・お腹空いた

・今どこにいますか〜おーい?

・それ頂戴

・ねえねえこっち向いて(相手して)

・おやすみ(ちょっとさみしい)

・うっふ〜ん(発情期してる時)

・こっち来ないで!

・触らないで!

・ギャ〜

・ゴニョゴニョ独り言(ご機嫌な時)

・カゴから出せ出せ、外に出せ

・嫌だよ〜捕まらないよ〜

 

こんな感じだ。また良く遊ぶ。水入れの中にわざと物を入れてそれが沈んで行くのを興味深そうに見ている。楽しいのか水入れはありとあらゆる小鳥の沈ませ実験の成果で、すぐに色んなものが沈んだ汚い水入れになってしまう。

 

固いものは水入れに入れてふやかして食べているので、水入れはおもちゃ兼食事を美味しく嗜む道具のようだ。

 

新聞紙に潜るのが好きでよく潜ったり破ったりしている。うちは籠が2つあるので掃除の度に籠ごと交換するのだが、もうひとつの籠を持ってくると、掴まれて移動させられるのを察知して、バレバレなのに餌箱の下に隠れる。掴まれるのが嫌なのだ。餌箱の下からつぶらな瞳でこちらの動向を気にしているそのバレバレでバカっぽいところがまた尚可愛らしいのだ。

 

小人と住んでる感覚。毎日小人に癒されている。

とんだ4D

妹とパラサイトという映画を観に行った。話題の映画であるからそこそこ人が入っている。始まりそうなギリギリの時、太った男の人が頭にスッポリフードを被りノシノシと館内に入って来た。見るからに何かこう、情報量の多そうな人だ。聴覚や嗅覚に訴えかけてきそうな人。大体入ってくる人に目が行く事などないのに、目が行ってしまう時点で視覚的にもかなり訴えかけてくるものがある。世間ではこれをやべえヤツというのだろうか。

 

映画に集中したいので、映画以外の余分な情報に気を取られたくない。こちらの座席にずんずん向かってくるが、頼む、後ろの座席であってくれ、と祈り虚しく空席3つを挟み私の4つ隣にずぅんんとお座りになられた。まあ、仕方がない。どうやらポップコーンの類いを持っていないから、聴覚的には訴えて来ないタイプの人だ。つまりパリポリパリポリうるさくなさそう。

 

しかし映画が始まってすぐに異変に気が付く。く、臭い。隣の妹も気がついている。く、臭い。すっぱい。チラッとみると4つ隣に座られたそのお方が靴を脱ぎ、4本指ソックスに包まれたおみ足を膝の上で組んで上に上げている。貴方様の足の臭いでありましたか。良かった。理由が分かって…てなもんじゃない。臭いって!!靴を履いてくれ。

 

映画はニオイが臭い事がかなり重要に表現されている。その気持ちが良くわかる。映画の登場人物が、臭さに顔を歪め窓を開けるシーン、思わず顔を背けるシーン、臭い人にたいする侮蔑のこもったセリフ…どうしよう。妹も私もその状況の中にいるようだ。臨場感が溢れ過ぎている。主に4つ隣のその人の4本指ソックスの間から溢れている。

 

映画が終わり帰路に向かっている途中、人も少なくなった所で、妹と涙が出る程ゲラゲラ笑った。とんだ4Dだ。映画のシーンに合わせてめちゃくちゃ嗅覚に訴えかけてきた。私達だけの周囲限定で臨場感溢れるサービスを与えてくれたあの人には感謝しなければならないだろうか。2Dの値段で4D相当のサービスしてくれたからな。

2020年2月5日牡蠣とミルクティーの戦い

13時半に現地集合で出張に向かう事になった。皆様は11時発の新幹線で行くらしい。私もテキトーにその位の新幹線に乗ればいいから朝はゆっくりできるな、と思っていた当日、とっても朝が忙しい。

 

何でこんなに忙しいのだ。新幹線に間に合わないぞ。おかしいな?ゆっくりできるハズだったのに、と思いバタバタと用意をして駅に向かい新幹線に乗り込み、心配なので待ち合わせ時間を再度確認する。うむ。13時半だ。大丈夫だな。ピッタリ着く。ん?え?あれ?今9時だぞ。到着時間が11時になっている。。

 

いやー、いけないね。乗り換え案内アプリを信用しちゃあ。どうやら発を11時にするハズが到着を11時に設定して新幹線を取ったから、アプリを微塵も疑う事のない私は新幹線に乗るまで気が付かなかったようだ。

 

大体11時と13時、発音が似てるのもいけない。じゅういちじに出発のいちじに待ち合わせが、脳内でいつの間にかじゅういちじに待ち合わせにすり変わったようだ。

 

いやー、どないしょ。まだ観光地近くの駅ならいいが、今日行く場所はマジで周囲に何もない。仕方がないから、牡蠣フライの美味しいお店でのんびり牡蠣を貪り食い、コーヒーチミチミ飲んで雑誌読んで時間を潰したのはいいが、帰る頃には取引先から出されたミルクティーと、昼に食べた牡蠣の殺し合いがはじまってお腹がドンドコいい始める。新幹線の中ではとうとう戦いの火蓋が切っておとされ、トイレに無惨な戦況結果を流しに行くハメに。それも何度も。どちらが勝っても負けても構わないが次が降りる駅なのだ、やめてくれ、トイレから出られずに駅をやり過ごすなど社会人なのに社会的に抹殺されそうな恥ずかしさだ。

 

何とか降りるまでにトイレから這い出し自分の席に戻るが、座席番号を忘れた。大体私が内側の2座席に誰も座るんじゃないぞという強い意志を持って、3列シートの3列とも空いてる通路側をフタするように指定席を取ったのに、乗って次の駅で窓側にメンズが乗って来た。チッ、と思わず舌打ちしたくなるくらいだ。まだ後ろも空いてただろうに何故にこの席をお前様はリザーブしたのだね?と聞きたくなるほど。しかしトイレから出て座席番号をよくよく見てみると、私が1列後ろに間違えて座っていたようだ。

 

ごめん。。舌打ちしたかったのは窓側に座ったメンズであったな。トイレにちょっと立つつもりだったので背もたれをめいいっぱい倒したままの席にもう一度戻り背もたれだけを戻し、そそくさとその前の席に座る勇気がもうない。間違えて座ってたのバレバレじゃね?そういう事で素知らぬフリして前の席に座っておいた。背もたれ戻せなくて忍びない。

 

そんなこんなしている内に腹の戦いは3戦目を始めるつもりだ。次の駅まであと10分。正気か。時間との戦い。5分前行動などという生ぬるい事言う奴らは許せぬ。腹に戦場を抱えている私達には時間設定などなんの意味も持たない。腹が痛くなったら何がなんでも目的地も時間も変更せざるおえず、一心不乱、半分狂気になりながらトイレを求めなければならないのだ。漏らすくらいなら5分でも30分でも人を待たせてやる。それで信頼を失っても人間としての尊厳は守られるではないかっっ!!と冷や汗ダラダラでトレイから到着1分前に飛び出す。涼しい顔して、カッチョ様達にお疲れさまの挨拶をして帰路へ。

 

今日はとんだ災難だったが、う○こを漏らさずに居られた事が不幸中の幸いだ。いや、めっちゃ幸せだ。お腹痛い時のトイレくらい天国を感じる事はない。生きながらに天国を見させてもらえるのも、お腹弱い組の得なところだな。

ケーキを買いに

今日はとってもケーキが食べたくなった。それで仕事から帰って来たのに、また車で出かけてシャトレーゼへ。ケーキ安いなあ。安くて美味しい。

 

そういえば、去年の夏前にカイコくんと仲悪くなる前は、カイコくんが美味しいケーキを奢ってくれると言っていたが、結局奢られる事なく仲が悪くなってしまった。仲が悪くなってしまったのは仕方がないが、ケーキを奢って貰えなかったのは口惜しや。(卑しい)

 

私は実は人生において今回が初めてなのだ。人様からあからさまに嫌われるのは。カイコくんが週を跨いだらいきなり態度が冷たくなっていた。理由は後から聞くと些細な誤解が招いた事だったが、私はその誤解を解いて歩みよるほどの根性がなかった。

 

何故なら私は少なからず良い友達だと思っていたから、もし私がその仲の良い友達から不快な事を言われたらまずキレる前に、話を聞く。こっちが誤解をしているかもしれないから。それがなかった。その事が私はものすごくショックだった。キレたらもし相手が歩みよって来なかったら、それでオワリではないか。つまりそれでオワリでもいいから、キレたのだろう。そんな程度のどうでもいい友達だったのだ、私は。

 

それから仕事で必要な時だけの会話で、他は一切お互い話さなくなった。何ヶ月も経った今、とても不思議だ。カイコくんと仲良くしていた時があったのか不思議な程だ。今あの時のように話をしろと言われても、私は失語症にかかったように言葉が出てこないだろう。

 

私は人とコミニケーションを取るのが苦手で、この仕事を初めてから人のコミニケーションの何たるかを学んで来た感があるし、今回の事もすごく人生の勉強になった。人との縁は容易く切れる。いつでも切れる。築き上げだ関係も瞬きする時間で壊す事ができる。人との縁はそのくらい脆い。そうして考えると私は粗末にしている縁がないかしらん?と思い至る。

 

そういえば会いに行こうと思って会いに行けていない友達がいる。いつか会えると思って。いつでも会えると思って。違うのだ。もう会いに行かなければ、会うことが出来ないのだ。大阪にいるあの子は元気だろうか。高校の時は毎日一緒だった。愛知にいるあの子は?中学の時は毎日くだらない事で笑いあったのに。何か寂しいな。知らないうちにお別れを迎えているのかもしれないと思うと。

 

人との縁を繋ぎ続けていくのはエネルギーがいる。使えるエネルギーはどんどん少なくなっていく。でももうそれでいいような気がする。きっとそれで人との縁を無理にエネルギーを消費して繋いでも、きっと今よりずっと寂しさを感じるだろうから。エネルギーに満ち溢れて喧嘩したり笑ったりして過ごした友達とのその時間はその時だけのもので、同じ時を過ごす事は、失った時間を戻す事は出来ないのだから。

 

定時退社の心得

定時5分前、名札をとりパソコン用のブルーライト遮断眼鏡からフツーの眼鏡に変え、仕事用の腕時計を外し、膝掛けを机にしまい、という一連のお片付けを始めたいのだが、カッチョ様の視線も気になる為、定時の鐘が鳴ってから上記の動作を行う。本当は5分前にやり始め、終業のチャイムと同時におつかれさまで〜す!としたい所をグッと堪えている。大人。お利口。

 

しかしカッチョ様がおいでにならない時にそんな遠慮は必要であろうか。いや必要であるはずがない。この前妹が見せてくれた物凄い長い白い腕毛ぐらい不必要なものだ。という事で今日はカッチョ様がおいでにならないので、定時5分前イソイソと帰り支度を始める。

 

なんやかんや数分遅れるだけで、駐車場から車が出せにくくなるのだ。駐車場から車を出すの1番のりを最近は目指しているのだ。大体2番か3番くらいだが。私より早い強者はあれだな、きっと帰り支度を5分前から行っている心が鋼で出来た、鋼鉄の心の持ち主なのだろう。就業時間内に帰り支度を始めるのはなかなか勇気がいるぞ。

 

しかし風のようにデスクを立ちフロアを去っても、海向こうの国からやって来た人達の帰るスピードには追いつけない。どんなに早くフロアを出ても、工場で作業している彼らの退社の速さは疾風の如し。勝てない。風林火山。て、意味わかんない。

 

今日は取引先の埼玉出身の玉さんが来て、色々仕事の依頼をするのだが、真面目に書き書きとノートにメモを取っている。大学を去年出たばかりの青年だから真面目なのか、性格が真面目なのか、私は殴ってボコボコにされた、これぞ殴り書きという字を端切れのような紙に走り書きする性分なので、メモを丁寧に書き書きしている人を見ると、異星人を見るような目で楽しく観察対象にしてしまう。結構丁寧に書いている。私は書く、という行為にある意味少し恥ずかしさがあって人に書かれている所を見られるのは御遠慮したいものなのだ。

 

そう言えばこの前玉さんに、関西や関東は県ごとにヒエラルキーがあるが本当か?と聞いた事がある。ここ中部地方はあんまりそういうのないんだよなー。それで玉さんに聞くとある、という。栃木がなんとか神奈川がなんとか、とか言っている。群馬は?と聞くと群馬はそもそも別格だ、戦いに入っていない、という。それをこの前群馬の友人に話したところ、何を言うか、埼玉はみんな東京に働きに行ってる人ばかりだ、埼玉には寝に帰るだけ、もはやあの県は布団しかない、と仰った。

 

思わず笑ったが、関東とか関西にある県同士の張合いが中部は特にないからそういう感覚が分からないんだよな。だからそういう話を聞くのは、それこそ異国の話ぽくて面白いものだ。書き書きメモしている人の書いている所を眺めるくらいは。

 

 

5分内の世界。

新年仕事始め。あまり仕事が嫌ではない。何故なら今年から5分先以上の事は考えないように決めたのだ。

 

仕事始めの朝が来た。だから起きる。しかし会社に行く訳ではない。ご飯を食べる。家事をする。何故か社畜服に着替えるが、別に会社に行く訳ではない。

 

車に乗るが別に会社に行く訳ではない。ただアクセルを踏んでハンドルを握り、ただ会社の方に行くだけだ。

 

気がついたら何故か会社だが、仕事をする訳ではない。惰性で目の前に現われたタイムカードを通し、惰性で目の前に現われたパソコンのスイッチを押すだけだ。

 

何かのミッションかいくつかメールが来るのを、ミッション完遂のため打ちかえすだけだ。目の前に現われた現象をただこなす。だから私は仕事をしている訳じゃあない。これはゲームだ。

 

5分内の世界はいい。まず病むことがないだろう。あれをどうしよう、これをどうしよう、という観念が消える。目の前にやるべき事があったらやるだけ。不安に苛まれる事がない。嫌な事の待っている未来がない。今この瞬間だけ生きれば良い。心が病む暇もない。

 

でも、あれだ。体は病んでいる。思いっきり風邪をこじらせた。後先考えずに病み上がりの体で登山したからな。5分内の世界は心は病まないが、体は非常に危険に晒されそうだ。後先考えずに無謀になりやすいからな。

 

今夜は早く寝よう。

 

 

病み上がりなのに

今年から毎日日記をつけようと思ったのに、もう2日もおサボり申し上げているではないか。やれやれ。仕方がない、実家に行って咳き込む父から風邪を拾ったのだ、この2日間調子が悪かった。喉はイガイガ、微熱が続く。

 

しかしインフルでは困る。とっても困る。という事でインフルではないと思っていたら、今日は熱も下がり体調も良くなった。

 

という事で登山だやっほ〜い。今回の山は3回目。去年登山を始めようと思って、初めて登った山だ。山を舐めまくっていて、真夏に水1つ持たずに登り初めて、途中で熱中症になりかけた。意地で登ったが、やっぱり山はペロペロするもんじゃない。慎重に登るべきもの。

 

今日は別の登山道を使って頂上を目指す。頂上までほとんど岩ばかりの斜面を登っていく。なかなか面白い登山道だ。しかしここでやはり自分が成長していない事に気がついた。山は慎重に登るべきものなのだ。昨日まで熱を出していたこの体、すぐに息が切れ眩暈がし、貧血まで起こしている。フラフラ。

 

ま、意地で登ったけど。頂上は城と青空のコントラストが美しい。結構人がいる。うつくしい景色を眺めながらおにぎりを食べて満足満足。

 

家に帰って来たら咳が酷くなっている。すごい。やっぱり無理をすると風邪ってぶり返すんだ。面白い。1つ学んだな。風邪が治った翌日は登山しない事。何でも経験してみなければ、分からない。

 


f:id:sakudog:20200105154838j:image